Kalafina ‐ 君が光に変えて行く 『作者的一線光』

Kalafina ‐ 君が光に変えて行く

     
 這段時間在看亦舒的小說,一種相当放松和閑逸的狀態,如此種類的書亦是這樣的:童話般的传说,神話般的境界,就如孟月手中拈著的毛桃花,嬌艷翠嫩欲滴的——現實中可沒有這樣溫情款款,總是干Baba的,格外严酷,愛這種微妙感受,因而沉迷。

作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記
翻译:スイカ

       
看了兩本半——有一本只是簡單地翻了翻的,因為不喜歡那結尾,故而沒有通篇看:小编是感性的,既然現實中沒有罗曼蒂克和黑马的驚喜,那末,如果在小說里還是看不到一抹嫣紅,將是1件多么無趣的作业。

あたたかな風の中で 『暖风沉醉』
誰かが呼んでる 『何人人在呼唤』
暗闇を惜しむように 『仿佛仍记挂那夜的乌黑』
夜明けが始まる 『拂晓 降临』

明日はきっと 『明日的』
綺麗な空に 『瑰丽天空』
銀色の虹がかかるでしょう 『必将架起中绿虹桥吧』

こんなに哀しい景象を 『你把那样悲哀的风物』
君が光に変えて行く 『变做光』
小さな涙の粒さえ 『连悬浮的一线泪滴』
宝石のように落ちてく 『也如宝石般散落在』
前景の中へ 『数不尽今后』

心には秘密がある 『你的心藏着秘密』
それでも触れたくて 『纵然如此自己仍想触碰』
触れ合えば壊れて行く 『一经触碰霎时崩坏』
躊躇いは螺旋の中へ 『留下踯跼卷入螺旋』

橋を渡った河の向こうまで 『渡过浮桥来到了河水岸边』
明代はきっと... 『先天定会有...』
真昼の中で 『青天之下』
春は甘く深く香るのでしょう 『春日散发幸福醇厚的清香』
夢から醒めて 『梦境中清醒』
人は何を探すの 『大家在找出什麽?』

こんなに明るい世界へ 『你领小编过来了』
君が私を連れて行く 『如此清楚的社会风气』
眩しさにまだ立ち竦む 『仍感叹于前方的耀眼光芒』
背中をそっと抱きしめる 『你已在身后将小编专断缠绕』

信じることの儚さを 『你将自个儿深信事物的幻象』
君が光に変えて行く 『都变做光』
目覚めた朝には涙が 『在醒来的深夜化作泪』
宝石のように落ちてく 『如宝石般』
今后の中へ 『沉入今后』

====================================================

黒桐幹也と両儀式との絆ということだ。

曲名并不是主题素材Ritter别意思。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

网站地图xml地图